名刺交換の覚えておきたいマナー

社会人として必要不可欠な名刺ですが、その交換にも覚えておきたい正しいマナーがあります。一つ目は名刺の渡し方についてです。向きは相手に向けて渡します。また、指が文字にかからないように注意も必要です。交換をするときは必ず立って行いましょう。渡す際には「よろしくお願いいたします」という言葉や、会釈も行います。さらに、複数人で交換をする場合には目上の人から交換をする、などの順番のマナーもあります。作法を忘れないようにしましょう。名刺は単なる自己紹介のカードではありません。ビジネスを行う上で最初に必要な過程なのです。また、無くしたり捨てることは厳禁です。名刺入れを用意して大切に保管をしましょう。受け取ったものには日付や要件などを書き込み、情報管理をしっかり行いましょう。現在では、デジタルで管理するためのデータ化を行う場合や、パソコンに情報を入力して管理する、といった方法を行うケースも多いです。マナーをしっかり守り、粗末にせず大切に保管することが必要です。